ダイビングをやってみたいけど、何から始めていいのかわからない

2018-09-12 オフ 投稿者: jun

「ダイビングをしてみたいな・・・って4年前から思ってました。」なんていう人がよくいます。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にはCカードと言われますが、これは認定(certification)の略です。
ダイビングライセンス取得のコースは、通常4日間で終了しますから、けっこう気軽に受けることができます。
スキューバダイビングの指導団体にはいくつかの団体があり、それぞれが組んだカリキュラムに沿って安全に潜れるようになるためのコースが行われます。
ダイビングライセンスの中でも、世界で一番流通しているのはPADIという団体が発行しているもので、どこに行っても通用します。
日本でもダイビングスクールはPADIのカリキュラムを提供しているショップが圧倒的に多いです。
せっかくダイビングを始めるのなら、自分に合ったダイビングスクールを選びたいですね。値段だけでなく、気が合うスタッフがいることが大切です。
ショップ主催のダイビングツアーに参加していると仲間がすぐにできますし、彼氏や彼女を見つけてしまうこともめずらしくありません。
伊豆のダイビングポイントには、ウェットスーツのまま入れる温泉があるところもありますが、最高に気持ちいいですよ。
そして、南の島へ潜りに行くのならやはり沖縄のダイビング。世界に誇るサンゴ礁とエメラルドグリーンの海にハマること間違いなしです。
時々何度も体験ダイビングをしている人がいますが、やはり認定ダイバーになると楽しみの幅がちがいます。
最近では中高年でダイビングを始める方も多くなりました。実際、海外では50~60代のダイバーなんて普通らしいです。

ダイビングをしているお友達って、実はけっこう周りにいませんか?
スキューバダイビングのライセンスは、正確にはCカードと言われますが、これは認定(certification)の略です。
ダイビングライセンスのコースは、通常4日間で学科、プール講習、海洋実習と進みます。
スキューバダイビングのライセンスといっても国家資格ではなく、指導団体が定めたカリキュラムを終了するとダイバーとして認定されます。
PADIというのも、ダイビングライセンスを発行している指導団体のひとつですが、本部はアメリカのカリフォルニアにあります。
日本でもPADIに所属しているダイビングスクールが一番いので、あなたの自宅近くにもPADIダイビングショップがあるかもしれません。
ダイビングスクールを選ぶ際は、通いやすいことも大切ですが、一番のポイントは信頼できるインストラクターがいることでしょう。
ショップ主催のダイビングツアーに参加していると仲間がすぐにできますし、彼氏や彼女を見つけてしまうこともめずらしくありません。
伊豆のダイビングポイントでは、ビーチダイビングやボートダイビングなど様々なバリエーションが楽しめます。
そして、ある程度実力がついたら海外へも足を伸ばしましょう。グアムのダイビングなら近くてお勧めです。
いきなりダイビングライセンスはちょっと不安・・・というのなら、体験ダイビングに挑戦してぜひ一度海の中をのぞいてください。
最近は中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもありますから、親子でダイビングを楽しむのも良いですね!